膝に水が溜まる理由

こんにちは!三条院の村岡です

今日は膝に水が溜まる理由についてお話します

まず水の正体ですが、これは膝の中にもともと存在する関節液というものです
膝の関節面での衝撃を和らげたり関節運動の滑りを良くしたりなど様々な仕事をしてくれています

そして水が溜まった状態と言うのはこの関節液が過剰に分泌された状態をいいます

なぜ過剰に関節液が分泌されてしまうかと言うと、

関節面に炎症があるからです

じゃあなぜ関節面に炎症が起こるんでしょうか・・・・

長年関節面が多大なストレスに犯され滑らかであったはずの関節面がガタガタになります
そして関節面同士が衝突しあうことで炎症反応が現れ関節液が大量に分泌されてしまう状態となります

早い段階で関節面にかかる不自然な力学的ストレスを取り除くことができれば水が溜まることはありません!

まずは歩き方や姿勢から意識してみませんか?

今健康のためにウォーキングしている人は歩き方を見直してみましょう

意識してもなかなか治らない人は炎症を取り除いた後に関節を安定させる為のトレーニングを行うといいでしょう

筋肉を鍛えることで関節面での衝突が抑えられ炎症反応が出づらくなります

それに筋肉は熱を生み出すので冷えにもダイエットなどにも有効ですよ!

以上村岡でした!