離断性骨軟骨炎

こんにちは!
三条院の風間です!

さて今回は離断性骨軟骨炎という症状について
説明させていただきます!

離断性骨軟骨炎とは
骨の先端にある軟骨部分が壊死して
骨の一部といっしょにはがれることで起こるスポーツ障害です。
特に10代の成長期の男子に多い障害で
発生率は女子の2倍とも言われています。
10~20代の若年層に多いですが、幼児や高齢者にも見られます。

膝関節に最も多く発症し
ランニングやジャンプを行う競技の選手に多く見られます。

ほかには肘関節にも多く、股関節・足関節に発生することもあります

原因は運動中に走行、跳躍、肘の回転など
関節に衝撃が加わる動作を繰り返し行うことで
関節に負担が蓄積して起こると考えられています。

関節に繰り返し衝撃が加わると
軟骨と骨の間がはがれる「剥離骨折」が起こります。
この段階では、スポーツ時やスポーツ後に軽い痛みがある程度です。
しかし、軟骨が骨の一部といっしょに完全にはがれると
それが関節内遊離体となって、関節の中を移動します。
すると、関節の色々なところにはさまり
急に関節が動かなくなるロッキング現象が起こります。

多くの場合、同時に膝関節に激しい痛みが発生します。
何かの拍子にかけらが外れると痛みやロッキングは治まりますが
何度も繰り返す可能性が高く、その回数が増えるほど
膝の変形性関節症を起こしやすくなります。

骨軟骨の変形・破壊が軽度であったり
再生・回復の早い成長期に発生した場合は
サポーターやギプスなどの装具で患部を固定して
安静を保つ保存療法で経過をみます。
軽度の症状なら大抵はこれで治ります。

骨が再生しにくく治りにくい大人の場合や
ロッキング症状やひどい痛みが見られる場合は
骨の欠片(関節内遊離体)を取り除く摘出手術が行われます。

ほとんどが使いすぎの骨の負担によるものなので
関節に違和感を感じることがあれば
原因となるスポーツを中止し、休憩を多く取るようにしたり
私たちにご相談ください!

以上風間でした!