外反母趾について

こんにちは!
三条院の村岡です!

今回は女性にとても多い悩みの外反母趾についてです

外反母趾は、足の親指の指先が人差し指の方向に曲がることで
内側に突き出た親指の付け根の関節が靴に当たり
炎症と強い痛みを引き起こす病気です。
症状が悪化すると、靴を履いていない状態でも痛みを感じるようになったり
親指が人差し指の下になったりすることもあります。

ではなぜ外反拇指になるのでしょう?

発生原因にはいくつかありますが
ハイヒールやつま先の細い靴を履くことや
足のアーチの低下による偏平足などが発生原因となります。
遺伝や生活習慣も関わってきます
女性に多く男性には少ないです!

予防策としては

1. 極端につま先の狭い靴、かかとの高い靴を履かない
2. 親指の付け根がフィットし、つま先にゆとりのある靴を選ぶ
3. 土踏まずを支えるような中敷きを靴の中に入れる
4. 足の指を開いたり、閉じたりする運動を毎日する

そういえば痛くなるなーという方は
要注意です
今からでも遅くは無いので
上に書いた予防策をやってみてはどうでしょうか?

以上村岡でした!!