オスグット・シュラッター病

こんにちは!
三条院の風間です(*^_^*)

今回のテーマは膝前方の成長痛についてです。

そういえば小学生中学生の頃
痛かったんだよと言う方、
現在進行形で痛い方はぜひ!

膝を伸ばす筋肉(太ももの前の筋肉=大腿四頭筋)は、
お皿の上を通って膝の皿の下の脛骨という骨に付着しています。

過度なスポーツ、疲労などにより、この筋肉は異常収縮し
付着部(○印の部分です)にストレスがかかります。

成長期では膝の骨の筋肉の付着部の所が成長のために
軟らかい状態になっていますが、太ももの筋肉の収縮が負担になり、
軟骨を変形させ、炎症を起こして痛みが出現します。

※○印の盛り上がってる部分です

この状態をオスグッド・シュラッター病といいます。
男女では男子の方が多く
10代前半のスポーツをしている子に多いです。

対処法としては安静にすることや
運動後のアイシングが効果的です!

変形したからといって
特に問題はないので心配はいりませんので
ご安心下さい!!!

そして気軽に当院にお越し下さい。
お待ちしております!

以上、三条院の風間でした(*^_^*)